ストライプのシャツ

業務効率化できる人事労務管理システムを導入しよう

伸びをする女性

一昔前の労務管理は、すべて手作業で行われていたため時間も手間もかかっており、専門的な知識がないと分かりづらい所も沢山ありました。また、規模が大きい企業であればあるほど労務管理は大変で、全従業員の人事や労務管理を管理するのは責任重大でとても大変な仕事でした。
しかし今では、人事や労務管理をシステムによって一元化することができるようになり、労務手続きのすべてを効率化することができるようになりました。
人事、労務管理をシステムにより一元化し、効率化するシステムである人事労務管理システムを導入すれば、あらゆる面でメリットが沢山あります。従業員の情報を一元管理するのはもちろん、雇用保険や社会保険などの申請を従業員自らスマートフォンやパソコンから行えるようになったり、給与明細をWEB上で発行できるので給与明細をペーパーレス化できたり、その他にも様々なメリットが受けられます。
人事労務管理システムを導入すれば、生産性が向上するのは間違いありませんし、人事労務管理をする担当者の作業がスムーズになるということが言えます。
そしてなにより、コスト削減が望めてセキュリティも守られますので、まだ人事労務管理システムを導入していない企業の方は、是非人事労務管理システムを導入してみてください。

労働時間短縮につながる人事労務管理システム導入

残業時間が規定の時間を超えると、従業員の心身の健康に悪影響を及ぼします。勤怠管理は単にどの業務に何時間費やしたかを機械的に記録するだけでは殆ど役に立ちません。それよりも、残業時間が増加する原因となっている無駄な業務がないかをチェックして、残業時間短縮につながる合理化の可能性を探るために有効活用しましょう。
そのような目線で勤怠記録の詳細を確認すると、人事や労務管理関連の事務作業にかなりの時間が取られていることに気づく会社もあるでしょう。そのような場合は、人事労務管理システムを導入して、その時間を短縮する方向で検討することをおすすめします。人事や労務管理関連業務のペーパーレス化の進行具合は、会社によって差が大きいのが現実です。今現在、まだ書類ベースで人事・労務管理業務に対処している場合は、システム化を進めることで、申請も告知も報告も、より迅速かつシンプルな手順で実施できるようになります。人事・労務管理業務負担を減らすことで本業に使える時間が増えた結果、時間外労働も全体的に減少することが期待されます。人事労務管理システム導入によって、どの程度の時短効果が見込まれるか、しっかり試算して確認してから、導入に踏み切るといいでしょう。

人事や労務業務の効率化を図りたい時は

採用や入社・退職の手続き、社会保険の申請業務や毎月の給与計算、年末調整など従業員の人数が増えれば増えるほど、人事や労務関連の仕事は増えていくことになります。こうした人事や労務に関する書類や情報を、それぞれ別々の書類で管理をしているという企業も多いでしょう。それぞれの書類を分かりやすく保管していても、一つの手続きをするために様々な書類を探さなければいけない状態になると多くの時間を取られることになります。こうした時間を節約したい、もっとスムーズに各種手続きを済ませられるようになりたいと考えるのであれば、人事労務管理システムを導入することがおすすめです。人事労務管理システムの中でも、従業員に関する情報を一元管理できるシステムであれば、手続きの際に必要な情報をスムーズに取り出すことができます。さらに必要な情報はデータで保管をしておくことができるため、書類作成の手間を省くことができるだけでなく、書類の保管場所で悩むこともなくなります。

人事労務管理システムのメリットの一つが、人件費の節約ができることです。労務管理などにかかる手間や時間が減れば、その時間を他の業務に使うこともできます。そのため、人事や労務にかかるコストで悩んでいる場合も、人事労務管理システムの導入を考えておいて損がありません。


諸々面倒な労務管理はシステムを導入することで効率よく行えます!【Direct HR】システムでは入社から退職に至るまでの全ての業務をネット上でできるので時間と人件費の節約になります!

イチオシ

複数拠点を展開する企業に向いた人事労務管理システム

企業の労務管理は業種に関わらずどの会社でも必須になってくるため、従業員数の多い企業ほど負担が大きくなってしまいます。全国に支店・支社を展開している企業や海外拠点を持つ企業では、本社に配属される人事担当者がこうした労務管理の担い手となるが一般的です。煩雑になりがちな労務管理に関する業務も人事労務管理システムを導入すれば簡略化できますが、複数拠点を展開する企業の多くはクラウド型のシステムを選んでいます。従業…

スマホをいじる

労働時間を短縮できる人事労務管理システム導入

仕事が増えた時の対処方法は2つあります。1つは増えた仕事をこなせる人数の担当者を配置すること、そしてもう1つは業務そのものを効率化して、少ない人数でもこなせるようにすることです。後者に関しては、これを可能にするシステムなどのツールが使用可能な状況でなければ難しいですが、人事や労務管理業務であれば、これを電子的に処理できるシステムが既に開発されています。人事労務管理システムを導入すると、煩雑な人事や労務管…

キャリアウーマン

人事労務管理システムを導入するメリットとは?

人事業務や労務管理は、非常に面倒な仕事です。各種申請の処理は煩雑で時間がかかりますし、ミスをしてしまうと大きな問題につながってしまう恐れがあるため、丁寧に処理しなくてはいけません。しかし、そんな人事業務や労務管理を効率化する方法があります。それが人事労務管理システムを導入することです。人事労務管理システムを導入するメリットは沢山あります。たとえば出退勤の管理にタイムカードを使用し…

時計

労務管理を格段に効率化する電子申請のメリット

社員を雇用していく上では、社会保険や雇用保険への加入手続きが必要で中小企業では人事担当者がそうした労務管理の役割を兼務しているケースも少なくありません。社員が退職する際にもそれらの資格喪失手続きが欠かせないため社員の出入りがあるたびに担当者の負担は増す一方です。従来は入退社する従業員に紙の書類を配布して必要事項を書いてもらい回収した上で表計算ソフトを使って申請書類を作成していました。このようなやり方では、労務管…

大量の書類